CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
red×white×green
パワーチャージの館にて、さんにんで食卓を囲む。

Kさんお得意のカプレーゼ。

Kさんはいつもプチトマトで作るから、
コロンとしてて生き物みたい。ふふ

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


〆にはKさんの大好きな生麺のパスタを使って
トマトソースのパスタを作ってくれた。
私たちは、くるくるしていただいた。

デザートに手作りのレアチーズケーキ(セミフローズン)も登場、
ケーキの底の砕いたクッキーの部分は、
Kさんのこいびとがトントン砕いたらしい。
「えへん!」みたいな表情が印象的だった。
すごい
フルコースのおもてなし。
野菜もりだくさんもうれしかった。


このふたりといると、愛おしくゆるやかで、ほっとする。
哀しい話題なんかは、封印したくなる。

話したくても
話せない事が増えてゆくのは耐えられない。


さいご、帰り際に
ずっと見送ってくれてたことも心強かったです。



| tabe・nomiブロ | 09:39 | comments(1) | - |
この勢いで
さっきいそいそとココに綴って、
それから垢を落とそうとシャワーを浴びて
そしたらちょびっとちょぴっと気持ちが落ち着きました。
ふぅ

そして、今日は、
1歳の女の子から「あっこちゃん、あこっちゃん」と
何度も名を呼んでもらったし、それが禊ぎのようで、
清められた心地にもなったのです。

そうだ。そんなしあわせなこともあった。

この勢いで、またクイシンボウな写真を披露しちゃおう!


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

土用の丑の日にも、鰻も食べていないし(たべたかった)
心身共にスタミナつけなきゃ!ということで、
スタミナメニューをリクエスト。

先日、H邸にお邪魔して、
ご主人さまの手料理を、堪能いたしました。

キッチンで旦那さまがシェフに徹してくださり(!)
Hご夫人とKとわたしの3名は、もくもくと食っ喋ります。

心地よい音楽ながれるダイニングで、
まさに貸切状態のレストランに来た心地につつまれるよう。

シェフったら、
なんとキッチンで七輪も駆使!
炭火で、地鶏を焼いてくださったり
ご飯は、七輪で鯛を丸ごと焼いてから、土鍋で鯛飯に!!!
きゃおーきゃほー!

カリカリ梅(ハート)と三つ葉を刻んだ薬味もさいこー。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


究極のぜいたく、

仕事の合間に、こころとからだにスタミナ、
今をみつめ、未来へも想いを馳せて。

そして、こんな体験、体感させていただけることに、
ひたすら感謝。


食卓から、学ぶことは
「味」だけはありません。



| tabe・nomiブロ | 00:16 | comments(1) | - |
きんぎょちゅういほう
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

やさぐれているわけでも
うつむいているわけでもなくて。


でもきっとパワーは今つよくないかもしんないな。

色々、なやんでいます、(ってコクハクしちまおう)
そんなときって、そんな私には会いたくないよね、
そんなパワーがイマイチな今の私には。
そんな状態の私の言葉なんて聞きたくないよね、
そうは思いますが
マイナスなものは、なにがあっても発してはいないつもり。
そこだけは。

ただパワーがちょっこり、絡まり気味、


あ、飲んだくれているわけでもないです、
写真は「金魚」というネーミングのサワー。

ハジメテ飲みました。
青じそは水草、とうがらしは金魚ちゃんを見立てて。

ぴりりとほんのり刺激的、なんてったって見た目が涼しげ、
モツ煮なんてつまみながら、たまにはいい。

あ、飲んだくれているわけではないです。(重ね重ね)

ただ、できるだけ大好きなひとに会って、
くすっと安心したい、
日々闘うためのチャージを。


金魚と出会ったこの日は、そんな
貴重な時間もありました。

あ、それって上々↑ってことよね、



わたしは自分の弱さに甘えたり、そこに安心、なんか
したくない。

些細なことで落ち込むことは、この通りよくある。
だけど、自分の不安定さになんか己惚れたくないし、
そんなところに甘えない!



| tabe・nomiブロ | 23:32 | comments(0) | - |
さっぱりしたい。
熱々、暑々、日々すこしずつ
とろけてます。

皆様、熱中症にご注意を。
こまめに水分補給、これ大切です!

たぽたぽとわたしもお水をしっかり補給しております。

食事はさっぱりつるりん系が多くなっております。
そうめんとか冷やし中華とか。


ざぶんとプールで水浴びしたいくらいの気分になるよなぁ、
わたしにとっては、そんなのめずらしく。

さっぱりしたい
さっぱりしてみたい


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

大谷石のプレートに
ヤムウンセンぽいタイふうの春雨サラダをのせて。

| tabe・nomiブロ | 06:30 | comments(0) | - |
中学生と。
夏休み前の先週、
都内の中学校の「食育」の授業を見学させて頂きました。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

和菓子研究家の山崎彩さんが講師にいらして、
和菓子の実演&実習の授業でした。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

和菓子を一度も食べたことのない生徒もいて、
お茶の淹れ方、お抹茶のたてかたも学んで
興味津々のご様子。

このなかの朝顔を、皆がそれぞれつくります。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

「耳たぶくらいのやわらかさ」の生地を
真剣に大切に丸めて、包んで。

なに、みんな、はじめてとかいいながらも
すごくお上手なんですけど!!!


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

自分のつくった小さな朝顔を、
うれしそうに一口ずつ
大切に食べる表情がとても印象的でした。

そして何度も「美味しい」と言っていた。


このあと、給食だったので
なんと、わたしもいただけることに。
小学校以来の給食、なつかしい!


わたしったらツイてる。
なんとなんと
夏野菜カレー。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

ご馳走さまでした。
お世話になりました。

校長先生ともご挨拶して、
読み聞かせとか唄とか、なにかいい形で
今後みんなと一緒に学べたらいいよねということになりました。
実現させたいなぁ

| tabe・nomiブロ | 17:42 | comments(0) | - |
これもおふくろの味。
ひさしぶりの中目黒のおかあさんのカレー。

ルゥを、いただいて持ち帰りました。


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


いろんな種類の野菜たちをすりおろして入れてあって、
具らしい具は、ぜーんぶ溶け込んで、とろけこんで、る。
そしてペースト状っぽくて。


めずらしく「味が濃くしょっぱくなった」と言っていたので、
指南どおりに、豚ひき肉を加えて、薄めていただきました。

食べたかんじは、
さらっとも、とろっととも、またちょっと違う感じ。
すりおろした生姜の香りもして、そこも大好き。
パンチもあり。


"美味しい"って、
うれしい。



しあわせなこと


| tabe・nomiブロ | 11:31 | comments(0) | - |
女史に捧ぐ。
非常に有り難いことに、いまわたしのまわりは
すてきな女性ばかりだとおもう。

魅力的な方々にかこまれて、支えられて、
あたしゃ、踏ん張れてます。

そんな女史に、日頃の感謝をこめての食卓には、
こんな逸品も合うなぁと
つくってみて、しみじみ。

グラタンだけど。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

小麦粉は使っておりません。

油揚げ
(よくある軽いカスっとしたものでなく、
ふっくらずっしり肉厚のもの。)
ラタトゥイユ
(トマトソースでもいいけれど、
野菜をごろごろ入れたいのでラタトゥイユが気分。)
豆腐のベシャメルソース
チーズ

*あっこっちの定番ラタトゥイユ*
オリーブオイルを熱して、にんにく一かけを入れ、香りをつける。
(にんにくがこんがりしたら、取り出す。)
ざく切りしたタマネギ、セロリ、茄子、ズッキーニ、パプリカを炒める。
塩・こしょうで少々味付け。
野菜がしんなりしてきたら、カットトマト缶を投入。
一枚ローリエを入れて弱火で煮込みながら、
顆粒コンソメ、三温糖で味付け。
(あっさり薄味気味で味つけるのがポイント。くどくならないように。)

*豆腐のベシャメルソース*
フードプロセッサーやミキサーに
絹ごし豆腐(しっかり水切りしてから使用)を投入、
塩・こしょう、顆粒コンソメも少々加え、
牛乳(豆乳でもOK)を少しずつ加えながら、ウィーンと。
適度な、まったり感のベシャメルソースの出来上がり。
フードプロセッサーやミキサーを使わない方は、
泡立器で手早く混ぜ合わせても。

グラタン皿に、ラタトゥイユ→ベシャメルソース→
何等分かに切った油揚げを並べる→
ラタトゥイユ→ベシャメルソース→油揚げ
この層をつくり、最後にチーズを乗せて、トースターへ。
こんがりと焼き上げる。



油揚げをさいしょから切って並べているので、
取り分けるときに、簡単に取りやすくなります。

ベシャメルソース無しで、
具沢山のラタトゥイユと油揚げとチーズだけにしても
しっかり満足できるご馳走。

あわせるお酒は
ビールでもワインでも焼酎でも
どれにしてもピッタリの相性。

ラタトゥイユだし
油揚げだし
お豆腐だし。



いまは、近々、友人Dと囲みたい食卓をイメージして、
バジル入りの餃子も研究中。
Dはお酒を一切のまないけれど、
お料理で乾杯、ほろ酔いできるようなゴキゲンな食卓にしたくって。


ほんっと
話は尽きないんだよなぁ

カラオケに行った後、みたいなかんじもある。
あ、あれも唄えばよかった!
と、後から思い出す心地、みたいな。

帰り際
あ、あれ、話したかったのに!

そんなふうに
話したいことは、山ほどある。

いっしょに居て話すから、
たのしくてうれしい、ちょっと照れくさい、

感情はどんどん溢れてくる。

だから尽きない、のよね。

大した内容か?といわれたら、そんなこともないけれど
だいすきな女史と、話して、みつめて
学ぶ、のよ。




| tabe・nomiブロ | 00:56 | comments(1) | - |
わたしばなし25
午後から英会話。
学びはじめてから、お家では勿論のこと、
歩きながら道端で、ぶつぶつ言って、
地下鉄の中でも無声で、もごもご。

とはいえ、
街中でとっさに話しかけられると困る。
まだまだまだ
危うすぎる。
ま、前向きにひたすら続けるのみ。

英会話後に「SATC 2」も観に行くし、
映画中も英会話を学ぼう。



さて、クイシンボウちゃんの食卓シリーズ。うしし

バゲットに
のせのせシリーズ。
フィンガーフードっぽく、サイズがちょうどいい。
いろんな味を楽しめます。


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


・バゲット(トーストしておく)
・スモークサーモン
・オニオンスライス
・ドレッシング
(チーズとかクリーム系が合います。)
 *わたしはお気に入りの
 McCORMICKのカリフォルニアクリーミードレッシングをとろり
・ハーブ(ディルかチャービルがおすすめ←両方セリ科ですね)
 *今回わたしはチャービルにしました


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

アボさん好きに捧ぐ。(写真奥)

・バゲット(トーストしておく)
・アボカド(小さめのサイコロ切り)
・トマト(タネを取り除いて、小さめサイコロ切り)
・水菜(水気をしっかりきって、ざく切り。食感がイイ!)
・オリーブ(粗みじん切り)
・国産のレモン汁(少量きゅっとしぼる)
・マヨネーズ
 *すべての具を混ぜ合わせるときに、
 アボカドを軽くつぶしながらあえるので、
 マヨネーズは入れ過ぎないほうが、さっぱり仕上がります。
 味見して、塩気が足りなければ塩、胡椒(ほんの少量)


たっぷり、バゲットにのせのせ、してして。
このバゲット二品、
熱い夜に、シャンパーニュや白ワインとの食卓が愉しいかもなぁ。

コチラも参照。

| tabe・nomiブロ | 10:06 | comments(0) | - |
いちどきり、とはいえ。20
むかし、原宿・竹下通りのはじっこに、パレフランスがまだあったころ
1Fにはオーバカナルがあって。
すごくわたしにとって、きらきらしているスポットだった。
まだお酒の味といえば、ウイスキーボンボンくらいしか知らない
わたしが10代後半だったころ。


そのオーバカナルで
はじめて知った衝撃テキなマリアージュ、
バゲットに、ブルーチーズとクルミとはちみつのサンド。

なんて美味しいんだ!


そのときの衝撃を教えてくれた、かなり年上のおとなな彼女は、
ふーふーしながら、ホットワインを飲んでいた。
わたしは目もこころもトキメかせながら、
ぶーぶーと、ショコラショー(ホットチョコレート)。


そんな、おもひで
ぽろ、ぽろん、な
逸品。


$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

バゲット
ブルーチーズ
くるみ
はちみつ

トーストしたバゲットに、ブルーチーズとクルミをのせて
うえから、とろーり、はちみつをかける。

今や、ワイン好きな、ちょびっと、おとなになって。



わたしがイヤでも大人になってしまうのは誰のせい

イヤでも強く、脆く、おとなに。
表情は儚く。


あなたはいいよなぁ
いつまでもおとなにならないでいられて。
いつまでもどこかアドケナクぽかーんと居られて。


一度きり、とはいえ
わたしは何度だって日々うまれかわって
いる心地だわ、もはや。

| tabe・nomiブロ | 22:16 | comments(0) | - |
涼んで19
宮里藍選手に
こころから拍手。
すごいよなぁ
世界ランク一位!

でも。
ここずーっとずっとスランプ?だったって!?
それでも彼女はご自身と、向き合い、闘い続けたのだ、
たとえ逃げたくなった時が何度もあったとしても、
ゴルフから、じぶんから、逃げずに真っ直ぐ。


わたしもわたし自身のフィールドで
やんなきゃいけない。



素材のうまみで
こんなに美味しい。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

塩は一切加えず、つくってみました。

真鯛(小骨が少なめの白身魚ならなんでも)
あさり(砂抜きをわすれずに)
トマト(大きめのざく切り)
マッシュルーム
白ワイン(料理用だから、と言わず、
  そのまま飲んでもふつうに美味しい、白ワインを使うのをお勧めします。)
ローズマリー


熱したフライパンにオリーブオイル、具をすべてフライパンに並べて、
白ワインをとぽとぽっと、まわし入れて。
ローズマリーをのせ、ふたをして、やや強火で煮込んで。
こちら、10分あれば、美味しく出来上がってしまいました。

一度このままで戴き、お酒がすすむにつれて
塩気がほしいなぁ〜とおもったら、塩胡椒をするとちょうどいいかも。

パンとも相性抜群、
ワインで乾杯の何気ない食卓にぴったんこの逸品でした。

フライパンのまま出しちゃって!



| tabe・nomiブロ | 22:37 | comments(1) | - |
<< | 2/3PAGES | >>