<< 箱入り娘 | main | チコク厳禁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トマトソース

ぐつぐつと、
トマトソースを作りました。

一晩ねかせたので、
引き締めたいとこはキュッと引き締まり、
まとまりがほしいとこは、まとまったそれなりの味に。
色も、こくのある赤色に。

20090624010708.jpg

オリーブオイルでにんにくを炒め、
みじん切りした玉ねぎをひたすら、これでもか〜!と甘みがでるまで炒める。

20090624011156.jpg

そして
トマト缶とローリエをを加え、ひたすら中火で煮込みます。
くつくつくつ・・・・・。

この時点ではまだ塩・こしょうは加えず、
一晩ねかせて、その味の広がりをみてから
やっと味付け。

薄めに味付けしておいて、
いろんな料理に使うときにアレンジしやすく。
といっても、わたしはパスタに使います。パパパパパスタァ〜♪

そして冷蔵庫にストックしました。
意外と簡単、わたし流、自家製トマトソース。



トマトソース、といえば。
思い出すのは、
「岸さん」というシェフがつくるトマトソース。
むかし知人宅にお邪魔したときにいらした料理人なのだけれど、
トマトソースを大量に作り置きしてあって、
いつでもすぐに使えるようにストックされていた。

お邪魔したときにいただけた、そのトマトソースを使ったパスタが絶品!すぎて、
一気に岸さんのトマトソースの虜になってしまったわたし。
そのパスタが食べたくて、
また何度か、お願いして作ってもらったりしたこともあったくらい。

わたしは岸さんのトマトソースを、「岸トマト」と呼んだ。
あのまぼろしの「岸トマト」は、どんなふうに作られていたのだろう。

あぁなつかしい。
味わいを、五感でおぼえてる。



お歌のレッスンで、
じぶんの唄う課題曲の仕上げに、録音してもらって、
それをあとからひとりで聴いたら
なんか泣けてきた。
・・・ってオイオイ自分で、
どんだけぇですか、それ。
いや、
唄いっぷりは、まだまだダメダメなんだけど、でも、それでも、
わたしの課題の、だいぶ女らしく優しく唄えるように一歩前進しているなと思えたこととか、
ひたすら楽曲のことばに自分を素直に込めて、唄ったことが、
あとから聴いて、ストレートに響いてきたの。



あんな日々が無かったら
こんなふうに、唄えなかったよね、きっと。


またひとつ、セツナイメロディを奏でられるようになった。
そうこれも、
またひとつ一人前。

| mincyu | 02:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 02:10 | - | - |
コメント
コメントする