<< 優しい人 | main | スシズキねぇ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
贅沢なお夕飯


「ねぇママコ、今日、夕飯食べに行ってもいい?」

「え???!」


先日、こんな何気ない電話から・・・・
数時間後、
わたしは伊勢の岡家に夕飯を食べに行きました。

新幹線で東京から名古屋まで、
名古屋から近鉄で宇治山田駅まで。
トータル3時間くらい、の距離です。

14時に東京を出発して
17時すぎに、伊勢に到着。


「ねぇママコ、今日、夕飯食べに行ってもいい?」
そうママコと電話して約5時間後、わたしは伊勢の岡家にいました。

あしたの夕方には東京にいなきゃいかんから、
あしたのお昼には、帰るわ!

あら、とんぼ返りね。
夕飯どこか食べに行く?

ううん、家がいい。家の食卓がいい。

そして
しげぽんママコと3人で
こたつに入りながら、夕飯を食べたのでした。




ひとりでお家ご飯、
仕事の合間のご飯、
すきなひとと
どこかに外食しに行く、
わいわい食べに行く、
どれもいいけど
今は、
落ち着く家での食卓がいい。

それも、ひとりの食卓ではなくて
無言でも、もくもくと食べてるだけでも
ひとりじゃない空間がいい。

見慣れてるし
当たり前のようで、ありきたりの食卓が、
今は、すごく貴重におもう。贅沢におもう。

18歳で一人暮らしをはじめて
良かったけど良かったけど、
食卓だけが、たまに寂しい、とおもう。
たまに、そんなしんみりしちゃうときもある。

高級な食材で調理されたとびきりのご馳走があるから
贅沢な食卓、だけじゃない。

お家で、家族のある風景の食卓、
いつもの、ご飯。
贅沢だと、思える。

それだけで
ただ無言でも
会話が途切れても
静けさも、それもいい。

聞きすぎない空気感、
多くをしゃべり過ぎなくていい、
うまく放っておいてくれる
なんとなく自分勝手でも許される距離感、
それが落ち着くんだ。

想いを話すことで、すっきりすることもあるけれど
なにも語らないでいるほうが、楽で、そぉっとしておきたい時もある。

話し出したら、ことばといっしょに涙も流れ落ちそうだ。
そうなりたいときと、そうしたくない時がある。

またすこし経ったら
話したくなるかも、しれない。
そのときは、またひとつ殻を脱ぎ捨てた自分がいるかもしれない。

時には、
無言や沈黙のなかにも、
ちゃんと育ててゆけるものがあるんじゃないかと思った。


それにしても
とんぼ返り状態でも、一度こんな行動を起こしてしまうと、
味をしめて、はまりそうだな。ちょっとあぶないな・・・

今宵の夕飯を食べに、伊勢の実家へ。

こんなの、めちゃめちゃ贅沢な、お夕飯!!!


「いただきます」

「ごちそうさまでした」
| - | 10:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:22 | - | - |