<< バブリー | main | なんてん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花の香り

昨日はレッスンのまえに、友人の出産のお見舞いにいってきました。
先日11日に、この世に生まれたばかりのベビーちゃん。
その姿かたちと、生命のあれこれ以外、本当にまだなにも無くて、
まっしろで、真っ新(まっさら)なんだとわたしはかんじた。


どきどきどきしながら、抱っこさせていただきましたが、
ベビーちゃんの重みは、
ほかの同じ重さのものと比べられないような、¨重み¨だった。
わたしの両手で抱えている、これは・・・・・?と思っちゃうくらいに
この体験や感覚は、うまれたての赤ちゃんを抱っこする以外、ないのかもしれない。
わたしも、わたしを産んだママコも、ママコを産んだおゆきさんも・・・みんなみんな
この状態のときがあったんだな・・・・
それは自分以外の、見守ってくれているひとにしかわからないことなんだな・・・・
そして、自分も今になってやっと、見守る立場になった。そしてわたしもいつか。
こういう成長も、生命のバトン、なんだな。

ベビーちゃんの名前は、花香(はなか)ちゃんになった。
パパさんのお話によると、
このたった数日のあいだでも、日に日に顔の雰囲気も変化しているらしい。
花香ちゃんは、はやくも女性の手?とおもうほど、
すら〜っとながい指先のきれいな手をしていて、ママの手とそっくりだ。
ママも、とっても元気で、ひと安心。
いちだんとひかり輝いていて、オーラがまばゆかった。


生まれて、いのちだけがある、状態から、
そのいのちを存分に堪能してゆく旅がはじまるのだな。

彼女より、すこし先に、旅をスタートしているわたしは、
いい刺激とパワーをいただいた気がした。







こうして、友人のおかげで
あらたな命にふれることができ、
わたしは、また新たな、はじめて、を知る。


そして、友人のおかげで、
いつかいつか、いつか、
わたし自身もいのちを生む、ということが、たのしみになった。

旅はつづく

おめでとうと、ありがとう。

| - | 13:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:03 | - | - |