<< あたらしい自分 | main | いつでも、新鮮な味 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あっコ」
  中学生のとき、言葉や文字であそぶのが好きだった。

  
 「たのしい」という言葉を、言ってみると、
  そのときの自分の想いが「たのしい」という言葉にのって、届く。
  その時々のいろんな 「たのしい」 の、ニュアンスがある。
   (あたりまえのことなのですが)
 
  「たのしい」という言葉を、文字で書いてみると、
   たのしい
  ・・・んん?今の自分の想いの「たのしい」は、ひらがなってかんじじゃないな。
   楽しい ・・・・あっ、 ・・・タノシイ?  !!  ・・・これだ!

   想ったことを、自分の全身を駆使して、タノシイ〜〜!と伝えられたら、
   それが一番伝わるかもしれない。

   だけど、このブログでもそうですが、文字で想いを綴るとき、
   お手紙を書きたいとき、メールでひとこと伝えたいとき、
   全身で、自分の感覚とか、オーラも混ぜて話せない場合、

   目でみたかんじの言葉のニュアンスというものを、
   ちょっと気にしてみたらおもしろいのではないか・・
   ちょっとした想いも、さりげなく響くのではないか・・・

   そんなことをおもいました。  (←ここはひらがなでプシュー

   それ以来、しゃべっていても、
   文字のかんじがあたまの中にぷかぷか浮かんできたりします。
   ふふふ  おもしろい・面白い きのこブルー


   ・・・そうです!ここでやっと本題にはいりました!
   あ〜ぁ 長々と・・・きのこグリーン

   わたしは、なまえが、あきこ・・なので、よく、あっこ と呼んでもらえます。
   あっこ あっこ。

   中学のとき、ぼんやり、あっこ・・・かぁ・・とおもいながら?
   ノートの片すみに、あっコだよ〜 と、書いている自分がいました。

   ええ!! オモシロイ・おもしろい !

   カタカナが混じってる〜  これ、いいかも・・☆

   「あっコ」  みた雰囲気、じぶんってかんじしてきたなぁ
  
   それからわたしは、必ず、「コ」だけカタカナなの。
   と、友人にしつこく名乗りつづけました。
  
   名乗り続けた甲斐あって!? わたしは、めでたくあっコ になりました。

   それは岡家でも浸透して、
   父・しげぽん、母・ママコの携帯電話の登録も、
   何の違和感もなく「あっコ」になっております。

   あっこー!と呼ばれるたび、あっコー! と、文字が浮かびます。

   
   高校卒業後、上京してから、わたしはあっコです。と言うことは
   ほとんど無くなったので、今はよく、
   あっこ や、アッコ と呼んでもらったりもします。

   今のわたしは、そのひと、そのひとが、呼んでくれたニュアンス、
   それがうれしい。と、素直におもえるので、特に何も気にしなくなりましたが、
   
   今でも、伊勢の友人や、家族からのメールで、
   あっコ、元気? などと、呼ばれると、
   なぜだかひとりで、じ〜ん星としてしまったりします。

   
   写真の整理をしていたら、
  18歳の誕生日のときの、ケーキの写真がでてきました。

   あ・・あっコだぁ ☆


   わたしを、よんでくれるみんな、ありがとうございます。
070608-124728.jpg

 
| - | 12:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:52 | - | - |