<< 弥生 | main | 卒業 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タオルケットのはなし
くんくんくん
くんくんくんくん
おやすみの友、タオルケット
ものすご〜く自分臭がして、これがたまらないんだー
だっこしたり首元にデレッとかけたり頬ですりすりしてみたり
これがあるから安眠できるんだー 寝起きも機嫌いいんだー

わたしのタオルケット歴はけっこう長い。
使い続けているとやはりボロボロになってくるので、見た目的にも限界がきたら
新たなタオルケットにかえることにしている。
使い込んで感触がクタクタなほど、肌ざわりもよく心地よいので
(自分臭もドップリしみこんでるし)
使い込めば込むほど、なかなか手放せなくなるのだけど
さらばの時期はいつかやってくる。
小学生の頃、ぼろぼろになっても愛用していたタオルケッティーを、
汚い!と言ってママコに捨てられ、新しいものがいきなり用意されていたときは怒った。
いつものように、あの手触りや、香りをたのしみにベッドに入ったのに、
あたしのタオルケッティーが、無い、無い、ない!
あれは怒った、怒った。がっかりして、翌日もママコと口をきくのも嫌だったくらい。
すごいなー タオルケットの威力は。

バスタオル二枚分くらい?のけっこう大きなサイズ。
いまはベッドに二枚ふんわり横たわっています。
茶色とピンクのやつ。

20080318130217.jpg

茶色のほうを、いつも傍にくっつけて眠るので、自分臭が濃い。
ピンクのほうは、ママコや友人が泊まりにきたりしたときに貸してあげる用。
ほぼ、わたしの香りはくっつけていませぬ。 ふふふ

そんなこんなでピンクは、積極的に洗濯しますが、茶色は、あまりすすまないんだー
洗うよ、ちゃんと気が向いたら、洗ってますよ。
ノーノーこんなこというと不潔なかんじだけど、
洗うことで、日々くっつけていった自分臭が消えてしまうのが寂しいんだー
(洗ってますよ、気が向くようにして、ちゃんと洗ってますよ)
そんな風に思っちゃうくらいに
タオルケット、けっこうわたしにとって重要なものなんだー



20080318130238.jpg


ママコが、眠っているときに喉が冷えるとよくないからと言って、
布団だけじゃなく、タオルケットをかけてくれたことがはじまりだった。

兄弟だなー
兄男にとっても同じく、いまだにタオルケットは安眠の友らしい。

地方ロケとか泊まりのお仕事のときも、余裕があればカバンに入れて
たまにホテルに持っていったりしているわたし。
あとは実家にいくときとかネ

タオルケットで荷物の嵩が増えるから、悩む。
でも安眠のため、持っていきたいー
半分にちょん切って、携帯サイズのタオルケットにして持って行きたいー なんて。



くんくんくん
あ〜 いい香りがするっニコニコ







| - | 15:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:50 | - | - |