<< スノウ | main | 父ぽん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
  

  何らかで、試練を受けているときこそ
  日常のひとつひとつのことにたいして、過剰に敏感になっている自分がいる。  
  
  いつもなら、そんなに気にも留めないような些細な出来事を、
  ものすごく敏感に、深く、感じたり。
  これって・・・もしかして・・!とか、いろいろと深読みしてみたり。
  つながってるわ〜・・とか、ちょっと感激やさんになってみたり。
  熱弁を振う、意外とアツイ自分がいたり。
  

  すごーく、考える自分がいる。
  気がつく、自分がいる。

  カッと見開いて、ささいなことも、見逃さない目がある。


  ・・・
  
  試練に立ち向かっているときこそ、
  そんなふうなバランスの自分がいるのだけれど

  本当は、どんなときも
  ずっとずっと、
  日々、生きる中には、
  見逃したら勿体無いことだらけ。
  それが、ふつうに在る。
  

  常に繋がっているんだ
  つながりたいあの人とだって。
  どこかでちゃんと繋がっているもんなんだ

  いつも
  もっと敏感になって
  自分の生きている場所を見渡せば
  ここに、すべてがある。はず

  ひとつづつ、知っていこう
  感じて 考えよう
  豊かに、自覚していこう

  

  いやぁ
  これじゃ
  うまく言えてない、気がする。
  うまく言いたいんだけどな・・・ぁ
  伝えてみたいんだけど・・・・なぁ

  このことに関しても
  もっとうまくスパーン!と伝えられるように
  したい、です。
  いまの段階はくやしいけどこんなかんじ・・・
  だから、また明日も
  敏感にいきます

  
  いいことは、
  たのしいことは、
  かなしいことは、
  たぶん
  いっぱい、ある。

  だって、ここにすべてが、常に在る。

  
  なかなか感覚としても、ハッキリ実感できないから
  もどかしい日々もあるのだけれど
  これでもか、これでもかと、人生はある
  
  

  すべてがここにあって、
  せっかくだから
  よりよい自分になりたいのだ

  せっかくだもの、向上してみたい。

  そのためには
  よく見て、感じて、考えて
  鍛えるのだ


  
  自分がいるかぎり、¨無い¨ものは、ない。

  

  
  
  
  




   深谷愛ちゃんと、おたがい熱弁を振う。


   不器用なりに、研ぎ澄ませ、私
   
| - | 22:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:31 | - | - |