<< mincyu 第二回 | main | びっ栗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うれし
     今日は、いつもよりひんやりと肌寒くて、   
     秋らしくていいなぁとおもいました。
     お部屋にコートがかけてあって、うずうず出番を待っていますが、
     まだ、コートというより、パーカーやジャンパー的なもの、
     もしくは、ストールや軽いマフラーで、いいかんじ。

     冬は、さむい〜〜と、ぶるぶるしながら言えるので、
     これからさらに、とても好みな季節です。
     あっつ・・・暑い・・・と言っている自分より、
     さむい・・・と言う自分が、好き、です。 なんて。
     
     「さむい」
     
     あ、
     いま、自分、すき。

     冬は、いつもとはひと味ちがう、
     うぬぼれてる自分が一瞬いてもいいんじゃないって思います。

     そして、そんなささやかな変化をちゃんと自覚。
     うっとりなシーズン
     
     自分らしさを探究

     
     今日は、約1カ月ぶりに、深谷ちゃんと会う。

     5月の舞台ではじめてご一緒して、公演が終わってからも
     頻繁に会う約束をしてご飯を食べたりしています。
     1カ月ぶりというのは、もはや、ひさしぶり〜!の域なのです。
     うれしかったなぁ

     そして、おんなじ5月の舞台で親しくなった、木下智恵さんご出演、
     北区つかこうへい劇団 北園グラフティ第二弾「文士村の怪人」
     を味わいにいく。
     うれしいなぁ
     うれしいなぁ
     
     不調だとおもってしまう日も、よくあるけれど
     こんなふうにうれしい気分の自分がいることををみつけると、
     ちっちゃく、ふぅ と息をはいて
     肩のちからを、ちょっと抜ける瞬間があって、自分にほっとする。
     
     いつでもあらゆることを考えすぎて、がちがちになって、
     寝てるときまで眉間にシワ。
     そんな自分ばかりだと、やはり疲れます。
     わかってはいるけど、なかなかさ・・・
     ちぇっ
     ひねくれないで、素直にいきたいんです。
     そしてまた、もんもんと何かを考えだした自分。
     1月に24歳になる。ねずみ年です。
     ちゅー
     
     
     

     



  「文士村の怪人」公演後、
   チーコ(木下智恵さん)、嶋祐一郎さん、
                        アイボ(深谷愛さん)、岩崎雄一さんとぴかぴかカメラ

         なぜかいきなりウインクに挑戦しているわたし・・・







     こちらは、モデルふうに!がお題の一枚 カメラ

      ふひっ




     

      そういえば

      こやつ、チーコさんにいただいたのです。

     
      アイボと、アコにそっくりさん!と言って、いただきました。

      アイボちゃんが、タコ。   

      




       ふひひ








| - | 00:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:56 | - | - |