<< よいしょ 良いしょっ | main | 八月一日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アイラブ ISE

  わたしは、伊勢市で生まれ、育った。

  
  18歳で上京して、故郷はどこ?と聞かれ、

  伊勢です。と答えると、必ず、あぁ!伊勢海老! あぁぁ!赤福

  と、言われることが多いのです。

  まぁ、伊勢海老は、高級なものなので、伊勢に住んでいるからといって、

  頻繁に食卓にならぶことは無いのですが・・・

  赤福は、今の季節、夏季限定の¨赤福氷¨が美味しいですよねぇ。

  キメの細かい氷と、宇治抹茶と、あんことお餅、大好きなデザート!

  
  そして、伊勢といえば、¨伊勢うどん¨という最高の食べ物があるのです。

  
  太くて、やわらかい麺と、お醤油ベースの甘めの濃いタレ・・・ぴかぴか

  麺は全くシコシコしていません。つるつるもしていません。

  つゆがある、うどんではありません。タレを入れる、うどんです。

  具も、シンプルに、ネギだけです。具っていうより、ネギをトッピングです。

  (お店でたべるとカマボコものってる場合もあるかも)

  食べたことのない方は、イメージがわかない・・ですよねぇ、きっと。


  幼い頃、九州の祖父母の家にあそびに行き、皆でうどん屋さんに入ったとき

  わたしは、伊勢うどんがいい、と言って、

  ママコに、伊勢にしか無いのよ、と言われた情景を今でもおぼえている。

  そうか、伊勢の味なんだ・・・ 



  学生のころ、土曜日やテスト期間中など、お昼に帰宅した日は、

  お昼ごはんに、伊勢うどんを食べる日も多かった。

  風邪をひいたときや、あまり食欲がないときも、

  麺がやわらかくて消化にいいので、伊勢うどんが元気をくれた。


  今でも、よく食べたくなるので、

  ママコに、麺とタレをクール便で送ってもらう。

  何食分か、まとめて送ってもらい、冷凍しておいたりする。

  あとは、ネギをきざむだけ。

  
  伊勢の味は、しあわせになる、大好物。

  






   これが、わが家でたべる伊勢うどん。

   一味唐辛子をパッパッと入れても、おいしいぴかぴか




   こんなふうに、まぜて、タレをたっぷりからませていただきますぴかぴか





みなみ製麺のうどんと、マルキ商会のタレが、岡家のお気に入りキスマーク



   いつか、みなさまにも一度味わっていただきたい、伊勢の味なのです。

   
| - | 00:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - |