<< 立てば | main | 夏至 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
OPEN THE DOOR
新宿 紀伊國屋ホールで
扉座の「アトムへの伝言」をあじわう。
ここ滅茶苦茶(わたしが言うな、だけれど)あわただしかったので
このあじわっている数時間は、ほんとうに贅沢な時間だったのだ。
出来ればもう一度、
もう一回、この贅沢なひとときをすごしたいとおもうくらい。
扉座のお芝居って、
おもえばいつもそうだ。

そして今、あじわえてよかった。心底そう思えた。


横内謙介さんと。
$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba

扉座の作品は、わたしにとって
いつも節目節目で、重要な存在であることにも
気付いたりして。わたしにとって。
横内さんの作品は、ふしぎな魔力がある。



わたしが23歳のとき
「いとしの儚」で共演させていただいて山中崇史さん。
劇中、突き抜けるお姿と瞳に、今回釘付けになった。
そして六角精児さんの貫禄ったら。
流石であった。
今、あじわえて良かった。ほんとうに。

$岡明子オフィシャルブログ「岡明子☆okage★ブログ」Powered by Ameba


新宿 紀伊國屋ホールで、今週日曜日まで。
ああ、もう間もなくでありますが
今、あじわうべくして出逢うひとときを、今、是非に。


そして
お芝居を通して
刺激と勇気を与え続けてくださる愛すべき扉座の創立30周年に、
祝福と尊敬の念をこめて

ありがとうございます、
おめでとうございます。
| ブログ | 00:03 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - |
コメント
コメントする