CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
続おいもさん


おいもさんの話題がでたので
この勢いで、ハンバーガーも載せちゃおう。

パン好きなわたくしとしましては
サンドイッチ、ハンバーガーにもくびったけ。
うっとりするくらい、
すき、です。

こちらは
はじめて行ったお店、「EAT」です。
せっかくなのでサルサも追加でオーダーしてみました。

わたしはスタンダードなハンバーガーは
マスタードだけでいただきます。
お肉の旨みやパンのほのかな甘み、野菜の新鮮さを
ギュット感じることができます。

ここのポテトは、存在感のあるおいもさんでした。



バンズを思い切ってグッとつぶして、豪快にかぶりつく。

んん、んんん
おいひーい。

| tabeぶろ | 22:47 | comments(0) | - |
おいもさん


こんな写真、罪、
ですね


あぁーだいすきだいすきだいすきだ。

なんてったって、ポテト!

ビバ、ポテト!


ステキなお姉さまに誘っていただき
この日は、ドンチッチョへ。
音楽の話もハズム、ロックな食卓でした。

メインの鶏のお料理がでてくるときに
「おいもさん、ある?」とお姉さまが言って
おいもさんって、ローストしたおジャガとかマッシュポテトとかかなぁー
なんて思っていたら。

きゃ!!!感激

フライドポテトがどーんと。

あら、こちらの、
おいもさんでしたか(ハート)


食べすぎはキケンだけれど

大好物なんですよねぇぇぇぇぇ。




食後にはデザートを皆でシェア。
こちらも美味しかった!
グラノーラみたいにざくっとした味と食感もあった
¨セミフレッド¨

美味しい嬉しい食卓に、感謝。

しかし
たんまり味わっておいて、写真こんだけ?
というかんじですが・・・・・。
さいごのほうでしかカメラを出さなかったのです。

さまざまなお料理の美味しさは、実際にみなさまの目と舌で、是非に。



帰りに特別な一枚も。
漫画家の梅澤春人先生と、シェフの石川さんと。

この日も素敵な皆々様、有難うございました。



念のため・・・・・・。

たんまりご馳走(おいもさん含む)をいただいたこの日の行き帰りは、

自転車で!!!!

遠い道のりを、健康第一交通安全、
キコキコ漕いで。

えらいでしょ、なーんて、
我ながら。




梅澤先生の漫画たち。

こちらは「BOY」と「カウンタック」

読むと、トテモ元気がでるのです!!!!

| tabeぶろ | 21:44 | comments(1) | - |
キロクしてキオクして

推敲段階の文章や写真を、
あまり納得いかず、結局アップしていなかったものがけっこうあります。
それを読み返してみたなかで、食卓の記録を書こうと思った途中のものがあって、
あ、これパワーアップさせてみようっと
そう、おもいました。
ちょっと古めの食卓の記録もありますが、
ここ数ヶ月で撮りためた、食卓のひとコマを
披露させてください。
撮りたい、と思ったときの、いろんな日の食卓のひとコマばかりを。

だって
もう、
最初の秋の香りがするっておもったんだもん。



お昼ごはんに「デリー」のカシミールカレー。汗をかきながら。
このあと汗が乾いたころに、また数時間後、ジムに行ってさらに汗をかいた。
発汗デー。


こちらは、
またひとあじ違う、発汗デーなり。
渋谷にできた「中本ラーメン」にて、ドバッと大量の汗をかきながら。
辛さを抑え目にしてもらっても、それでもヒーヒー。
食後、口の中が辛すぎて、ビルの上の階のクリスピードーナツを食後にひとつかじって。
辛かったり甘かったり、この日はお昼から刺激的。


どーしても
冷やし中華が食べたくなって、
麺やハムを買ってきて
錦糸玉子をつくり、きゅうりをきざんで。
さっぱりつるりんこの食卓。


ジムのプレートで、ちょっと一息、コントロール。
高たんぱく・低脂肪の「ケビン飯」。(勝手に名づけた。)


涼しげに盛ってみた、愛する伊勢うどん。
お夜食に、伊勢うどんでホームシック解消。



ベトナム料理は、野菜がワサワサ多くてうれしい。
「Kitchen」にて。
もちろんワタシはパクチーもニョクマム(魚醤)も大好き。
この日は、あさりのフォーで〆。

20090813204123.jpg
仲良しのご夫妻と、「聖林館」でザピ!ザピ!
前菜をたべたあと、3人でマルゲリータとマリナーラを2枚ずつ計4枚食す。
しかし、この日はだにぃが体調不良で参加できず、超ざんねん。
テーブルにマルゲリータが到着して、
だにぃに、せめて、と、このザピ写真を、すぐ写メールでお届け。



食卓のひとコマ公開は、ひとまずここで第一弾。
第二弾はまた後ほど。

キロクはまだまだ、あるっ。


「救命病棟24時」3話は、いかがでしたか?
いつも、ありがとうございます。
| tabeぶろ | 23:18 | comments(0) | - |
杏仁豆腐
うつくしい、

世にも美しい、
杏仁豆腐

20090615131113.jpg

見た目も、
ミルキーさも
食感までも
のどごしまでも

どこまでも
うつくしい

新宿御苑前「礼華」の杏仁豆腐。


会いたいような
だけど怖いような
会いたいような
会いたくないような

うつくしい表情でいるかしら
いや、
きっとそうでは、ないよね、
常に、うつくしい顔でいてほしいんだけど、
切に願っているのだけど、
いや、
そうでは、ないね、

だから
会いたくない、ような。

パワー持っていかれたくない
今は、溜めたいの
もっと溜めて、
がんばりたいの。

だから。

でも、でも

いや、会いたくないよう

いよう、いよう、

20090615122528.jpg

この日は「礼華」で貴重なランチタイム。
お昼から贅沢しすぎね、
四川マーボーとエビチリが絶品。

食後に
うつくしい
杏仁豆腐をいただきました。

20090615122607.jpg

昇り竜↑なラベル、縁起のいいリースリングも景気づけに一杯。
中華に、ぴったりの一杯。


うつくしい笑顔で、いよういよう。
| tabeぶろ | 00:44 | comments(0) | - |
ひみつをばらす
ひみつ、というとドキッとするね?
そして、むしょーに気になるね?


ひみつ、
というか、
日曜日のちちのひにはわかること。

しげぽんにはないしょね、まだひみつにしておいてね!



4月のLIVEの差し入れで、
グルメな友人から、ものすごく美味しいチョコレイトをいただきました。

日本は、目黒区自由が丘に
堂々とお店を構えるチョコレートショップ「バルべーロ」のチョコでした。

それからなんと・・・・友人からのご紹介で
店主の方と知り合いになり、先日さっそくお店におじゃましました。



ケーキ屋さんのような
贅沢なチョコレートやさん。

「バルべーロ」は、イタリアのケラスコという街に
マルコバルべーロさんが1881年に創業した歴史あるお店。

もちろん今も本店は、イタリア・ピエモンテ州ケラスコにあります。
日本初上陸は、目黒区自由が丘 駅から徒歩1分の場所に。

あぁ一粒一粒が
宝石のようにもみえてきた〜

しげぽんに選んだチョコレートは、3粒。
まぼろしのグラッパ、ロマーノ・レヴィをとじこめた!(とじこめたって言い方もかわいい)
・カシェアッラグラッパ
そしてピエモンテ産のアカシアの蜂蜜、
アスティ産モスカートのグラッパのペーストをホワイトチョコで包んだ
・グラッパエミエーレ
もう一粒は、12年熟成のカルヴァドスに漬けたサルタナ種の干し葡萄入りトリュフ
・ウベッタエカルヴァドス

うーんいま綴ってるだけで・・・・・・・お口の中がチョコ風味。わはは しあわしぇ〜
この贅沢な3粒と、
あとはママコが大好物の、
シチリア産オレンジピールをダークチョコでコーティングした
・アランチーニリコペルティ
しげぽんとママコ、なかよく味わっていただきたくおもいます・・・・うふふ

クール便で、ちちのひに届くようにお願いしてきました。
しげぽんには、まだひみつね!とどくまでのオタノシミ♪


わたしが戴いて感動したチョコレイトやさんの方にお会いして、
「あ!すぐにしげぽんに買いに行こう!」とぴぴぴっと思った。

そしたらちょうど、もうすぐちちのひ。

いつもお仕事お疲れ様、のほんの気持ち。
疲れた身体に、あまい贅沢な一粒の魔法を。
それをママコと。

いつもいつもありがとう。

もはや
毎日が
ちちのひ
ままこのひ、なの。


あ、まだ
ひみつね☆ひみつ。
| tabeぶろ | 22:37 | comments(1) | - |
お土産シリーズ

ジャカジャカつくった
自作の曲ができあがり、そう、です。
あとは編曲、アレンジをSAYA先生とジョージ先生におねがいします

レッスンのたびに、
一週間ずつAメロ、Bメロ・・・というふうに自らへの宿題にして、
すこしずつ作って、練り上げていきました。

しかしながら、自分の楽曲は照れくさすぎます・・・・うふふふ


声だしたあとは
あまいもので一息ついて。

友人からお土産にいただきました、
京都市伏見の
京洋菓子店「JOUVENCELLE」

ジュヴァンセルの割れチョコ(ホワイト)

20090603184115.jpg

ホワイトチョコと、レーズンと、コーンフレークのコンビネーション。
ざくざくぎっしり詰まってて、食感までも美味しい〜!!!

割れチョコで、ひとつひとつ形がふぞろいなので
「どれから食べようか」とか、味はぜんぶ同じなのに、
なぜかワクワク迷ってしまうのだ。

あまりにも美味しすぎて、いただいてすぐ一気に食べ過ぎてしまった・・・・・。

写真は、二枚重ねにしてみました。ハッピーな図。
珈琲とも相性ばっちり。
あぁ落ち着きます。

そして
お土産シリーズ〜!ということで
こちらも友人からいただきました、

20090603184419.jpg

新潟市江南の
創業安政五年、大阪屋の
新潟銘菓「万代太鼓」

20090603184523.jpg

スポンジよりもバームクーヘンよりの固めのシンプルな生地のなかに
バニラクリームが詰まってます。
この生地の、絶妙な焼き具合と、クリームの注入され加減が、お見事。

これも一気に何本いただいてしまったことか・・・・・。
ひとつがけっこう大きめなのに、甘すぎず重すぎず、後ひく美味しさなので
食べ過ぎる度、☆×5。


美味しくて食べ過ぎる・・・・そんなキケン?でウレシイお土産、
これからも教えてください。



あ、そうだ。AKKOにお土産買っていこう、
なんてわたしを思ってくれたことにも感謝、感謝



| tabeぶろ | 18:41 | comments(0) | - |
tabeぶろ すりごま
ごますり・・・!?

あ、それでもいいですが

「すりごま」です。

ふふふ。


おゆきさん、ママコ、わたし

母子三代にわたって

みんなでずっとお気に入りのオニザキのすりごまです。

風味も食感も
ここまですりたて感が満開なのは、すごいです。

ごまって、おいしい!
そう言いたくなる旨みを教えてくれるのだ。

20090512112200.jpg

ざるそばやそうめんのときには
ネギやわさびなど薬味といっしょに、わたしはこのすりごまもあわせます。
胡麻和えやおひたしのときももちろん、
和風のパスタに上からアクセントにかけたり、
しょうが焼きなど、しっかりした味付けのお肉に、できあがりにパラリとふりかけたり。

20090512112127.jpg

こんなふうに
ゴマボトルが食卓に一個あると、スプーンでひとかけ、ふたかけ・・・
便利です。


20090512112341.jpg

こんなゴロゴロしたトマトサラダに、
和風ドレッシングとあわせてザザッとかけたら、まろやかになって酸味も和らぎます。


先日、友人としゃぶしゃぶ屋さんに行ったら
ミニすり鉢が用意されていて、自分でごまをせっせと擂っていただきました。

途中で友人に代わってもらって友人がごまをゴリゴリ擂りながら
店員さんに「肌きれいですねぇ」と一言。

肌もお綺麗なのはそのとおりなのだけれど、そんなことよりも
友人がごまを擂りながら、ごますりしてる・・・・?!と
そんなふうにギャグのような光景にも見えて、うふふと笑えたのでした。

媚びへつらう意味で使われる「ごますり」って、
すり鉢でごまを擂ると、ごまの油分もどんどん出て
すり鉢の肌にいっぱいごまがくっつくということから
人が、相手にベタッと媚びへつらう様子と似ているので「ごますり」と言うらしい。

まさかそんなごまをゴリゴリ擂っていて、
これって媚を売るのと似てるなぁなんて繋がったところがおもしろい。
ことばの語源は、習慣や伝統に人々の感性が加わって生まれていて奥が深い。

あ、そしたら英語では
なんて言うのかしら、なんて思ってみたり。
「ごますり」という表現をつかうのかしら。
興味がアリマス
| tabeぶろ | 11:39 | comments(0) | - |
tabeぶろ 香妃園
おっと、
tabeぶろ続きですが・・・
よろしくおねがいします。

中国料理
香妃園@六本木です。

がつんっと、
ツウ!なオーダー法で、いってみましょう。

麦酒と前菜を、何品かちょこちょこっとつまみつつ・・・。

って、まだお腹すかせておいてくださいませ・・・・。

まだまだまだ、余力をのこしておいてください。

うふふ、

うふふ・・・・

ココがツウ!

参鶏湯(サムゲタン)を思い出すほどの濃厚な乳白色の鶏がらスープに、
無かんすいのつるつる麺が絶品、
「特製鶏煮込みそば」



そして、「ポークカレーライス」

この二品をはりきってオーダー。

カレーの具は、たまねぎと豚肉のみで、またそれが好き度UP。

これはカレーと聞いてイメージするような、
カレーのルーとは一味ちがいます◎
片栗粉のとろみ系、
あんかけ風カレー!?とわたしはおもいました。
豚肉もちゃんと下ごしらえしてあって、ぷりっと食感。
中華ふうポークカレー。
れんげでいただくカレーライス。

カレーを愛する、
カレー部、の皆さま、
これは、ぜひ一度、味わってみる価値アリです。



この二品を楽しみに、ココへ来ちゃうのってくらい、はまってしまうご馳走。


香妃園の近所にはシネマートもあるし、ヒルズの映画館もあるし、

映画を観る前に、ちょっと寄って腹ごしらえするのも、ツウかしら。



オレンジっぽくて、決して明るくはない、店内の照明・・・・

そんな中で、美味しそうに淡々とほおばるあなたの表情・・なんか、

そんなのなんか、見えちゃったら・・・

ほっこりうれしくなっちゃうでしょうが。


そういう一瞬が、かけがえのない、きらきらの瞬間

だったりする。


・・・よね、よね! (もーそー)
| tabeぶろ | 00:41 | - | - |
tabeぶろ インプリチト
仕事がえりに、一杯
会社がえりに、一杯

それって、たまには必要だとおもうのだ。

今日の自分を称えるために。

また明日もがんばるために。

それができるお店は、貴重。

渋谷区東にありますbar&enoteca「implicito

恵比寿駅から、ぶらっと夜風をかんじながら歩いていくのもオススメ。




グラスワイン片手に、考え事しながら、ひとりで一杯。

軽くサラミやらチーズやらつまみながら、ふたりでお疲れ様〜のサルーテ!

そして、さいごにクイッと、エスプレッソで〆。


なんて理想的な、一日のしめくくり方なんでしょう。



エスプレッソは、ローマ・ボンドルフィー社の豆。
カップもかわいいーの。



たくさん自分を駆使した一日の疲れを、癒す、〆にもふさわしい空間。

一杯のみながら、さらに語ってスッキリしても良し、

なにも語らず、沈黙のままでも良し。


今日も、おつかれさまです、みなさま・・・・
| tabeぶろ | 18:37 | - | - |
tabeぶろ ソムタム
綴りたいことは盛りだくさん、ですが
言葉の整理がなかなかできない、ちょっと待って・・・
というのと、
歯の調子が良くないので、食事がしにくいです。がーん。
治療中なのだ。
食欲はあるから、すごくこまるーっ
ということで、
tabeぶろでひとやすみ

忘れずに撮った写真(といっても一枚)をひっぱりだしてきて、
こころをこめて、綴ります!
あーたべたくなる・・・。

タイ料理の、青パパイヤのサラダ、「ソムタム」です。
歯ごたえシャキシャキ感と、清涼感ある味付けと、
干しえびからでるダシと、ピーナッツのアクセントと
インゲン豆って、生で食べれるのね、とソムタムに入っていて知ったことと、
なんといっても、後からヒリヒリくる辛味と、
生キャベツとの相性が抜群、
サラダなのに、もち米とかお米系とも合うってことと・・・
と、好きな部分をあげたらキリがないくらい、
好きです、ソムタム。




タイ料理やさんは、大好きでよく行きます。
親友が「タイ!タイ!マニア!」ということもあって、
行った事のないタイ料理やさんを、みつけては一緒に行ったり。
この日のソムタムは、いつもうわさで美味しい!と聞いていて行ってみたかった念願のお店、
幡ヶ谷にある、「セラドン」です。
ソムタム以外に、これまたサラダですが、春雨のサラダ「ヤムウンセン」、生春巻き、
蟹のカレー炒め、空芯菜炒め、などもいただきました。
もち米や、カレー、パッタイ、蒸し鶏のせタイ風ごはん、なども食べたい!ところでしたが、
このあとに、別のお店にハシゴする予定だったので、腹6分目くらいにしました。
セラドンは、気の流れがとても良い、心地よい空気感のお店だなぁと
わたしは勝手に感じて、うれしくなりました。
気持ちも落ち着いて、会話も弾む感じ。好きなお店のひとつになりました。

そうそう、写真は撮り忘れましたが、
このあとハシゴしたお店は、代々木八幡にある「松濤籠包」(しょうとうろんぽう)という、お店。
黒酢酸辣湯麺と小龍包に舌鼓。おつまみのザーサイも美味しかった!
ふぅー ご馳走様でした。
あら、腹、何分目じゃろか。 まんぷく、しあわせじゃー。

いいね、こういうハシゴな日も。

思い出しても、うきうきしちゃう。
| tabeぶろ | 09:37 | - | - |
| 1/2PAGES | >>